» 調理方法のブログ記事

毛ガニは購入された時の状態が生、ボイル、冷凍など様々ですが、生きた状態の「活毛ガニ」は自宅での調理は面倒なものの、何といっても新鮮で美味しいのが魅力的。

毛ガニは他のカニと比べてカニミソが豊富なため良い出汁がでますし、定番のカニチャーハンやカニコロッケ、雑炊や鍋等、様々な食べ方ができます。

ネットでも良くレシピが掲載されていますが、毛ガニのさばき方がわからないという方も結構多いのではないでしょうか。

さばき方は、まず軍手などをはめ、甲羅を裏返しにして、足の付け根にハサミを入れ、切り離します。

蟹のトゲなどで怪我をする場合があるので軍手やゴム手袋を必ず着用しましょう。
次に腹部を押さえ、甲羅に親指をかけ、カニミソがこぼれないように気を付けて甲羅をはずします。
そして足の付け根にある「ガニ」と呼ばれる食べられない部分を切り取ります。

抱き身に付いている目、口などを切り取ったら抱き身を半分に切り、足の切り口に対して縦になるように、更に半分に切ります。

細い節、太い節に切れ目を入れ、殻を剥がて盛り付ければ出来上がりです。
ゆで方は、流水でカニを洗い、カニが入る位の大鍋に湯を沸かし、水に対して4%ほどの塩を入れ、沸騰してからカニを裏返しにして鍋にいれて20分位茹でます。
そして真水に通して粗熱が取れたら出来上がりになります。

ぜひお好きな食べ方でどうぞ。

南アフリカランドFX業者ランキング