» 解凍法のブログ記事

冷凍かにを美味しく食べるには解凍方法を間違えてはいけません。

冷凍かにはボイル後、冷凍保存されたものが多いと思いますが、一番美味しく食べるには、冷蔵庫内でゆっくり解凍する「自然解凍」がおすすめです。

その際はカニの身が乾燥しないように新聞紙やラップ等で包み、甲羅側を下にして水が垂れても大丈夫なように、深めのお皿等に載せて下さい。

解凍は完全に行わず、八分目ほどを目安にする方が美味しく食べられますよ。
カニの重量にもよりますが、だいたい8時間~半日が目安になります。
少し急いで解凍したいという場合は室内(常温)での自然解凍がおすすめ。
その際もカニの身が乾燥しないように新聞紙やラップ等で包んでください。
解凍程度も同じく八分目が目安です。

完全に解凍してしまうと身がパサパサになってしまい、カニ本来の風味・旨みが損なわれてしまいますので、必ずラップ等で包んで八分目を目安に解凍してください。
また、解凍したカニを再冷凍することも風味が損なわれますのでやめましょう。
逆に生冷凍されたものを解凍する場合は自然解凍はおすすめできません。
カニをビニール袋等に入れ、直接水がかからないようにして、流水で半解凍して下さい。
途中で一旦袋から出し、足の間等についている氷を外してから、再度袋の中で解凍すると、更に時間短縮できます。

1~2時間で解凍できますが、その後はすぐに調理してください。
生のカニは、解凍して時間が経つとカニの体液が酸化して黒く変色してしまいます。
食べても問題ありませんが、風味が落ちてしまいますので、解凍するときは時間のかかる自然解凍はやめたほうがいいでしょう。

南アフリカランドFX業者ランキング