» 旬のブログ記事

タラバ蟹はもともと鱈(タラ)の漁場で捕れるのでタラバ蟹と呼ばれます。
タラバガニの蟹味噌(肝臓)は加熱しても固まらず美味しくないので、脚(身)の充実した冬場のオスが最も高く評価されます。
タラバ蟹の旬といえば冬というイメージがありますが、実ははっきりしないと言われています。
農作物などではたくさん採れる時季=美味しい旬の季節と呼ばれますが、魚介類は少し違います。
11月~12月の冬場にも水揚げがありますがそれほど多くなく、水揚げ量の多さから行くと春から夏が最も多いです。
一般的には11月~3月と言った寒い時期が旬と呼ばれているようです。
ロシアでは年中獲れますし冷凍保存の技術も発達しているので、春夏秋冬関係なく年中いつでもおいしいカニが食べられますよ。
ただ、漁獲制限があるので輸入の時期や数量など変動しているらしく、お店によって売っている時期も変動しているのが実状のようです。

ズワイガニは冷凍保存の技術の発達によって年中どこでも食べられます。
そして地域によって呼び方は様々です。

北海道・東北地方では「ずわいがに」、関東、北陸、一部の山陰では「越前がに」、関西、一部の山陰では「松葉がに」と呼ばれています。
各漁港ごとに識別用のタグを付けてどこの漁港で水揚げされたものかを判別できるようにしており、各産地ごとに厳しい品質管理を行い、同じ漁港で水揚げされたものでも品質が劣るものは識別用のタグをつけることが許されません。

各漁港によって間人がに・津居山がに・加能がにといった地域ブランドを登録することで観光の振興にも役立っています。
ズワイガニは全国各地で水揚げされていますが、資源保護の観点から漁獲規制が行われています。
ですのでズワイガニの獲れる時期、旬の時期は海域によってバラバラなんです。

新潟県以北の海域では、雌雄とも漁期は10月1日~翌年の5月31日まで、富山県以西の海域では、雌雄で漁期が異なっており、雌ガニの漁期は11月6日~翌年1月10日まで、雄ガニの漁期は11月6日~翌年3月20日までとなっています。

どの食材もそうですが、旬の時期に食べるのが一番美味しい食べ方ですので、ズワイガニを食べる機会があれば、どこで獲れたズワイガニなのかを気にするといいでしょう。
ズワイガニはタラバガニや毛蟹と比べると、比較的安い値段で購入できるのも魅力ですね。

南アフリカランドFX業者ランキング