» ゆで方のブログ記事

毛ガニは活きのいいうちに茹でて食べるのが鉄板ですね。

ほとんどが冷凍されて届くと思いますが、解凍せずに凍ったまま鍋に入れてしまう・・・なんて事をするとせっかくの風味、身のプリプリ感が損なわれてしまいます。

夏場など特に、室内の温度で急速に解凍してしまうと旨み成分が逃げてしまいます。
新聞紙やキッチンペーパーなどに包んで甲羅を下にして冷蔵庫内で8時間~半日かけてゆっくり解凍してください。

やむを得ず急ぐ場合は室内の日陰などで1~2時間置いて解凍してください。
市販されている毛ガニはボイル済みのものが多く、地元で無い限り、めったに生きたナマのものに出会う事は出来ません。

今はネット通販で水揚げ翌日のものを直送するサービスが増えてきましたので、もし毛ガニを生で購入したらご自宅で調理が必要です。

ゆで方ですが、まずは水洗いで汚れを落とし、足などを切ったりせずにそのまま茹でます。
カニが入るくらいの大鍋に湯を沸かし、1リットルあたり40g~50gの塩を入れます。
海水より少し辛い程度ですね。

沸騰したらカニを裏返しにし、20分くらいが茹で上がりになります。
茹で上がったら軽く水洗いし、身を引き締め、粗熱が取れたら完成です。
その後はさばいてお好きなように食べてください。

松葉がに、越前がになど、高級がにとして知られるズワイガニ。

足の長い足に詰まっている身は、繊細でほんのり甘く、食べるほどに深い味わいが楽しめます。
他のかにに比べ殻にトゲがなく、食べやすいので小さい子にも喜ばれますよ。

ただ、ズワイガニは非常に傷みやすいため、これまで活ズワイガニを楽しむには、水揚げされる漁港の近くまでわざわざ出向いていく必要がありました。

しかし、近年は配送方法や流通経路の改善により、活きたままのズワイガニを全国各地に配送する通信販売が可能になったのです。

自宅には活きたままの状態で配送されるので、ゆでや焼き、鍋などで楽しめるのはもちろん、刺身として味わえるので様々な楽しみ方ができます。

ズワイガニのゆで方ですが、まずは軽く水洗いをして汚れを落とします。
次に大型の鍋にカニが隠れる位水をいれ、水1リットルに対し、15g~20gが目安で塩も入れます。
沸騰したら、ズワイガニの甲羅を下にして鍋に入れ、再沸騰したら、15分~20分ほどゆでてから一度ザルにあげ、軽く水洗いをしたら完成です。

新鮮なズワイガニは、そのままゆでて食べるのが一番ですのでぜひチャレンジしてみてください。

南アフリカランドFX業者ランキング