» かに料理のブログ記事

師走は蟹

| かに料理 |

師走の声を聞くと食べたくなるもの、人それぞれあるでしょうが、私の場合、かにがそうです。近年ではすっかり定着した習慣になり、嬉々として通販での注文をし、たっぷり実の詰まったかにを食べ、今年1年の幸せを噛みしめます。これだけ毎年買っているのにお店の数が多すぎてなかなかこれといったお店にたどり着けません。毎年美味しいことは美味しいのですが。注文するときになるとどのお店も良く見えてきたりします。かにまみれ 評価

生鮮食品であるかにはきちんとした方法で扱わなければ美味しさが格段に落ちてしまいますし、そうそう頻繁に買うようなお手ごろ価格な物でもありませんし、良心的なところでよい商品を購入できればいいですね。そこで結局は口コミの評価を見られるだけ見て、その中で一番評価の良かったところを選ぶと、安心して買い物が出来ますね。蟹を食べるのにお得ないい方法は、日帰りの蟹食べ放題ツアーという方法があります。これがおすすめです!その根拠は、この方法を使って蟹を食べた場合、普段通り蟹を買い、そして自宅で食べる、というような方法をとった時よりも蟹を食べるのに確実にお得な方法だからです。さらに、こういったツアー企画は、通常蟹の名産地で行われていますので、価格または量といった点だけでなく、質の良さも申し分ないはずです。かにの通販は鮮度が心配で、という声も時々耳にします。少し前まで、通販のかにというと市場で買うより鮮度が劣るというのが当たり前でした。今どき、そんなことをいう人はほとんどいません。冷蔵や冷凍の宅配便網は全国に行き渡っていますから、市場で買って店舗に並べるのと変わらない品が通販で売られ、おいしくて鮮度もばっちりのかにを買えるようになりました。とはいえ、どの通販も全ておいしくて新鮮なかにを届けてくれるとは限りませんから、くれぐれも評判のいいお店から買ってください。美味しい蟹をお得に買える蟹通販は、とても便利な方法として知られていますが、常に気に留めておくべきポイントもあります。多くの方に人気なのはタラバ蟹ですが、タラバ蟹を購入する時には、蟹の大きさや新鮮さといった重要ポイントを忘れず確認しましょう。写真だけでは、大きさなどは判断しづらいため、写真に頼らず、説明文にも入念に目を通して判断しましょう。それから、多くの利用者がレビューを寄せていますが、これもダイレクトにお店の評価を反映しているので見ておきましょう。皆さん大好きな蟹。蟹といえば、新鮮でジューシーな脚の肉が絶品ですが、私は同じくらい蟹ミソも好きなのです。濃厚な蟹みそが詰まった蟹にも色々ありますが、蟹の中でも毛ガニが一番のオススメです。新鮮な毛ガニのみそは、とろけるような美味しさで有名で、蟹らしい濃厚な味わいを堪能できます。蟹ミソだけでもおいしいですが、ほぐした脚肉とあえるとまた絶品です。酒好きでもある私には欠かせません。

タラバガニの食べ方についての情報になります。。
カニの王様と言えばタラバガニですよね~
タラバガニの食べ方は、茹でたり、焼いたり、鍋に入れたり、刺身でも。。
どんな食べ方をしても美味しいですね。

でも、定番は茹でて食べるのが一番じゃないでしょうか?

生のタラバガニを購入すれば生で食べることもできますが。。
調理するのに技術が必要ですよね…

通販でカニを購入する場合はほとんどが、ボイルして冷凍してあるタラバガニが一般的だと思います。
なので解凍するだけで美味しくいただけますよね。

生のタラバガニを購入するのであれば、焼きタラバガニがオススメ!
ホットプレートを使えば簡単に焼きタラバガニが作れますよ!

解凍についてですが、絶対にNGなカニの解凍方法は電子レンジを使う方法です。。
カニの中かた水分が出てきてぱさぱさのカニになってしまいます。。

まぁ、カニチャーハンや、カニ玉などの料理の場合はさほど問題はないでしょうが。。下手に解凍してしまうと、せっかくの美味しいカニの旨みがすべて出てしまうという事も考えられます。。

だから、時間をかけて、ゆっくりとカニを解凍してください。
一般の冷蔵室に冷凍カニをおいて、じっくりと時間をかけて解凍します。 その時にラップをする事で、カニの乾燥も防げますので、良いと思います。
よく、流しで水をかけるという事も言われますが、これも先ほどのレンジを同じように旨みが流される可能性が大ですので、注意してくださいね。。

カニの定番の食べ方と言えばカニ鍋ですよね~
家族やパーティーで、みんなと食べると楽しいです。

ここでカニ鍋の作り方を紹介します。

用意するカニは生でも冷凍のボイルしたカニでも、どちらでも構いません。
足や胴体を食べやすく切りましょう。

出汁ですが、昆布出汁がオススメ!
もちろん、鰹出汁や合せ出汁、味のアクセントにお醤油を入れても美味しくいただけます。
昆布出汁は香りや味が控えめですが、旨味成分が多く、かにの美味しさを引き立ててくれますよ!

野菜はお好みの物をどうぞ! 食べやすく切ってくださいね。

まず、鍋に昆布と水を入れ弱火にかけ、煮立つ直前に昆布を引き上げます。
そして、まずは火の通りにくい食材(白菜、きのこ類、豆腐、ネギ、根菜類など)を入れます。
白菜がしんなりしてきたら、いよいよカニの投入です!
そして10分程度煮込んだら、火の通りやすい食材(水菜、春菊など)を入れて、蓋をします。
ひと煮立ちさせれば出来上がりです!

つけダレは、ポン酢が一番だと思います。 柚子や紅葉おろしなどの薬味もお好みの物をどうぞ!

最後は何といっても雑炊ですね!カニのエキスがたっぷり出た出汁は格別!
ご飯を入れて、ひと煮立ちさせた後、溶き卵を入れます。
卵が半熟になれば食べごろです! カニミソを入れれば、さらに贅沢ですね

南アフリカランドFX業者ランキング